住宅ローンと離婚

みなさんこんにちは、司法書士の近藤です。

さて、ご夫婦で債務整理のご相談に来られる方で、

離婚する予定であったり、既に離婚されているケースがあります。

離婚によって住宅ローンにどのような影響があるのでしょうか。

原則てとして、夫婦の一方が住宅ローンの連帯保証人になっている場合、離婚をしても、連帯保証人たる地位は消滅しないので、主債務者が債務整理の手続きをすると、連帯保証人として請求を受けることになり、支払ができなければ債務整理の手続きを取る必要があります。

ただし、住宅ローン特別条項付の個人再生の手続きによれば、住宅ローンの支払はそのまま継続されますので、連帯保証人は主債務者が支払を続けている限り、請求を受けることはありません。

離婚の場合、他にも様々な問題が生じる可能性がありますので、このような方は一度当事務所にご相談ください。

 

近藤

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

任意整理の一覧

個人再生の一覧

自己破産の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!