住宅ローンのある場合②

個人再生には「自己破産した場合に配当される金額(=清算価値)以上の配当を行うべき」というルールがあります。

 

マイホームをお持ちの場合はその価値が大きいと、

支払うべき金額が大きくなってしまうため、個人再生を選択するかどうかの判断に

大きく影響します。

 

住宅ローンをお支払いの途中であっても、住宅ローンの残りが少ない場合などは

価値が高くなることがあります。

 

判断基準の一部をご紹介します。

以下の場合、不動産の価値は無価値とされます。

 

<土地>

土地の担保する債務額>固定資産評価額×1.5

<建物>

建物の担保する債務額>固定資産評価額×2

<土地と建物に共同担保が設定されている場合>

土地建物の担保する債務額>固定資産評価額(建物は1.5倍、土地は2倍)の合計

 

 

中西

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

 

個人再生の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!