消滅時効の援用ができない場合

みなさんこんにちは。司法書士の近藤です。

さて、10年以上前にサラ金から借金をしたがずっと支払っていないから、時効ではないか?という相談がよくあります。

原則、会社であるサラ金が貸主である場合、商事債権として「最終返済日より5年」が経過すると消滅時効が成立します。

しかし、契約をしてから住所を転々としている場合などは、知らない間に「公示送達」という方法によって、判決を取られている場合があります。

公示送達とは、借主が行方不明の場合などに、一定期間、裁判所の掲示板に掲示することによって送達の効果を生じさせる方法です。

公示送達などによって判決がとられている場合は、時効期間は、「判決確定から10年」に延長されることになりますので、注意が必要です。

消滅時効が成立していなければ、当然支払う義務が残り、支払不能の状態にあれば、自己破産などによる債務の処理を検討することとなります。

近藤

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

お知らせの一覧

自己破産の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!