債務整理対象外の事案

 おはようございます、スタッフの鈴木です。

さて、先日、当所へご相談いただいたケースとして、「現在の借金の返済継続は可能であるが、消費者金融の借り入れは、利息が高いから任意整理にして将来利息をカットできないか?」

もちろんこういったご相談でも、債権者が任意整理に応じるかは別として、当所が任意整理することは可能です。

しかし、司法書士や弁護士へ債務整理を依頼し、債権者へ受任通知を送付した段階から、債務者の信用情報には「債務整理」という記載が追記され、事故情報として扱われてしまうことになります。

この相談者の本質的な部分は、つまり「借金は払えるけど、利息が高いからなんとかしたい!」であり、安易に任意整理を進めるべきではなく、対象外と言えます。

特別、資力が低下した事由が不存在であれば、現在の借金を銀行等の低金利の金融商品へ借り換えたり、低金利のおまとめローン商品の利用をすることで、十分に解決できると言えます。

債務整理手続きには、債務者にとっては様々なデメリットが存在し、債務者一人ひとりの生活設計や保証人への影響を考慮する必要がありますから、的確なアドバイスができる存在を早期に見つけることが肝要かと思われます。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。つけることが肝要かと思われます。

 

 

任意整理の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!