破産申立者の保有財産の上限

 おはようございます、スタッフの鈴木です。

さて、名古屋地方裁判所の自己破産(非管財事件)における破産申立者の保有財産の上限を、個別(例:預金)基準を30万円、総額を40万円以下と定めております。

司法書士や弁護士へ債務整理を依頼すると、すべての債権者への支払いがストップし、割と収入がある債務者であると、破産に向けた準備期間中にある程度の貯金がたまってしまうことがあります。

それはそれで、支払能力がある訳ですから、我々も安易に自己破産を進めるべきではなく、法律に基づき債権者への弁済可能性も考慮していかなければなりません。

当然、債務者の想像していたものとは方向性が変わっていくため、納得できない部分は出てきますが、法律実務を丁寧に説明して理解してもらえるよう努めるほかありません。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。つけることが肝要かと思われます。

 

自己破産の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!