‘お知らせ・最新情報’

取引途中で完済したことがある場合の過払い金

2018-06-14

みなさんこんばんは。 司法書士の近藤です。   さて、過払い金返還請求で実務上、争点となるものの一つに「取引の分断」があります。 これは、取引の途中で一度完済した際に、解約をしたかどうかがポイントとなります。   解約をしているのであれば、それ以前の取引は別個の取引となり、解約から10年経過すると消滅時効にかかることになります。   ただし、平成2
続きを読む >>

時効かも・・・一応、過払い金を調べたい方

2018-06-10

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。   過去に消費者金融やカード会社のキャッシングを利用したことがあるが、完済したのが何年前か記憶がない。調べるだけ調べたいが大丈夫か?   このような方も、当事務所ではお受けすることが可能です。   実際に調べてみて、完済してから10年以上経過しており、過払い金を回収できなかった場合、費用をいただくことは
続きを読む >>

個人再生と消滅時効

2018-06-07

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。 さて、個人再生の手続きをとった再生債権について、一定期間支払いをしなかった場合、一般の債権と同様に消滅時効が成立するか、についてです。 通常の民事再生と異なり、個人再生では、民事再生法104条3項の適用がないため、貸金業者であれば一般の債権と同様、原則どおり、5年の消滅時効が適用されます。 ただし、再生計画に期限の利益喪失約款は通常ないため、
続きを読む >>

当事務所が心がけていること③(ハートワーク)

2018-06-01

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。   さて、前回は当事務所のモットーの一つである「チームワーク」について説明しました。   当事務所は、「フットワーク」「チームワーク」「ハートワーク」の3つをモットーとしています。   今日は、3つ目、「ハートワーク」について説明いたします。   昨今、世の中はAI(人口知能)が急速に発達して
続きを読む >>

当事務所が心がけていること②(チームワーク)

2018-05-29

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。   さて、前回は当事務所のモットーの一つである「フットワーク」について説明しました。   繰り返しになりますが、当事務所は、「フットワーク」「チームワーク」「ハートワーク」の3つをモットーとしています。   今日は、二つ目、「チームワーク」について説明いたします。   我々司法書士の業界では、
続きを読む >>

5月19日20日相続遺言セミナー&個別相談会のお礼

2018-05-26

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。   先日は、当事務所主催の相続遺言セミナー&個別相談会に、多数の方にご参加いただき誠にありがとうございました。   当日は、両日ともに30名近くの方にご参加いただき、会場は満席の状況でした。 アンケートにも、とても満足いただけたとの声をいただき、当事務所としても励みになりました。   セミナーと個別相
続きを読む >>

当事務所が心がけていること①(フットーワーク)

2018-05-17

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。   さて、今日は当事務所のモットーについて、少し説明したいと思います。   当事務所は、「フットワーク」「チームワーク」「ハートワーク」の3つをモットーとしています。   今日は、その一つ、「フットワーク」についてです。   士業の世界では、まだフットワークの「重い」先生が多くおり、フットワー
続きを読む >>

【告知】5月19日(土)20日(日)相続遺言セミナー&個別相談会 開催のお知らせ

2018-05-13

こんにちは、司法書士の近藤です。   さて、先のゴールデンウィークには、ご家族、ご親戚でお集りになられた方も多くおられるかと思いますが、相続の話が話題に出た方もおられるのではないでしょうか。   当事務所では、下記のとおり、当事務所主催の『司法書士及び税理士による相続無料相談会』を開催いたします。   事前にご予約をいただく形にさせていただいております
続きを読む >>

過払い金の請求が時効でできなくなる?

2018-05-09

みなさんこんにちは。 司法書士の近藤です。   さて、ひと時の熱は冷めた感はありますが、 相変わらず、ネット検索や、CMなどで法律事務所や司法書士事務所の過払い金広告を目にします。   以前に書きましたが、10年経ったら過払い金すべてが時効でなくなるわけではなく、 原則として、完済から10年経って初めて時効になるわけなので、 取引が継続している(完済していな
続きを読む >>

突然、裁判所から支払督促が届いたら?

2018-05-01

みなさんこんばんは。 司法書士の近藤です。   さて、過去に借金をしていて、ずっと返済していない場合、 突然、裁判所から支払督促というものが届くことがあります。   この場合、債務者としてはどうすればいいのでしょうか?   支払督促が届いてから2週間以内に、債務者が督促異議の申し立てをせず、かつ、そこから30 日以内に、債権者が仮執行宣言の申立て
続きを読む >>



<< 前の情報を見る
  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!