債権譲渡と債務者の承諾について

 おはようございます、スタッフの鈴木です。

いつの間にか知らぬ間に、債権が譲渡され、まったく知らない第三者から支払いの督促などが来たことはありませんか?

不思議なのは、債務者の承諾なしに第三者へ債権を譲渡することができるのか?疑問に思われるかもしれません。

この点、民法において、契約自由の原則がありますから、債権者と第三者との間で、債権譲渡契約を締結することは可能で、有効なものと言えます。

では、その債権譲渡を契約当事者以外の者に対抗するにはどうすればよいかですが、

さらに民法第467条で、「債権の譲渡は、譲受人(第三者)が債務者に通知をし、又は債務者が承諾しなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない」としています。

つまり、債務者の承諾がなくても、債務者へ債権譲渡通知さえすればよいということになります。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

 

任意整理の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!