裁量免責について

 おはようございます、スタッフの鈴木です。

 破産手続き(同時廃止事件)において、免責不許可事由というものがあります。

債務者が過去に不当な財産減少行為や不当な債務負担行為、不当な一部の債権者(親族など)への弁済、浪費やギャンブル、そして詐欺行為などを行っていた場合に、破産手続きで免責(法律上の弁済責任の免除)を許可しない決定を出すものです。

では、これらの行為を行った場合、必ず免責は認められないのでしょうか?

この点、破産法第252条2項において、「免責不許可事由に該当する場合であっても、裁判所は破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めれるときは、免責許可の決定をすることができる」とし、裁量免責を認める運用をしております。

では、どのくらいの頻度で免責不許可になっているのか?

古いデータですが、平成21年から23年までの間においては、免責不許可の割合が0.15%~0.16%台となっているようです。

つまり、一定の免責不許可事由があったとしても、裁判所へ経緯をつまびらかにして裁量免責を受けられる可能性は非常に高いことを意味します。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

自己破産の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!