個人再生には免責不許可事由がない

みなさん、こんにちは。

司法書士の近藤です。

 

さて、浪費やギャンブルで借金を作った場合、破産では免責不許可事由に該当するため、

原則として、借金が免除されません(ただし、裁判官の裁量による免責の可能性はあります)。

これに対し、個人再生では、この免責不許可事由というものがありません。

したがって、借金のほとんどが浪費やギャンブルで作ってしまったという場合、

借金がゼロにはなりませんが、個人再生を選択することにより減額してもらうという方法があり

ます。ただし、個人再生は破産よりも手続きが多少複雑であり、より多くの要件を満たさなけれ

ばなりません。

 

個人再生をお考えの方は、一度、当事務所までお気軽にご連絡ください。

なお、債務に関するご相談は何度でも無料です。

 

近藤

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

個人再生の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!