債権調査は時効中断事由か!?

 おはようございます、スタッフの鈴木です。

本日は午後から雨になりそうです。私は雨は好きです。雨の音を聞きながら寝るとぐっすり眠れます。

さて、相談されてくる方の中には、長期的な債務不払いの状況で、債務の時効消滅を期待しておられる方がおります。

ただ、時効援用できる債務であるかは、本人の過去の取引状況を確認して、いつから返済を行っていないかを知る必要があります。それは、本人または依頼された弁護士や司法書士より、債権者の保有する情報の開示請求を行う必要があるのですが、その債権調査が、民法第147条第1項第3号に規定する『債務の承認』にあたるかどうかです。

この点、実務の解釈上は、債務の承認にあたらないと解しております。しかし、法律上の明文規定があるわけではありませんので、通常、弁護士や司法書士からの情報開示請求書には、「本通知は、債務の承認をするものではない」と一言明記されていることがほとんどです。

ご自身で調査をされることもあると思いますが、この点は慎重に行う必要があるでしょう。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

 

任意整理の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!