ブラックにならない債権調査

こんにちは、スタッフの鈴木です。

今回は、現在契約取引中の方で、過払いになっているかどうかについて「ブラック」にならない方法で、調査できる方法をお教えします。

まず、決してすぐに専門家(司法書士や弁護士等)へ依頼しない(契約しない)ことです。
専門家に依頼しますと、すぐに業者へ通知を送付しますので、それ以降に依頼者の信用情報に「債務整理」と記載され、キズが入ることとなります。

そこで、まずは専門家へ依頼せずに、ご自身で業者へ「取引履歴の開示をしてほしい」と請求し、届いた履歴をもってご自身で引直計算を行うか、当事務所のように無料で計算のみを行う専門家へ計算のみを依頼することです。
とにかく現状把握のためということであれば、この方法が最適かと思われます。

取引履歴の開示請求の際の注意点としては、業者側から、開示請求時に過払い金返還請求の可能性を予想し、現在の債務額を減額したり、利率を下げたりすることを約する「示談書(または債務弁済協定書など)」を取り交わそうともちかけてくる場合があります。

しかし、その示談書の条項には「過払い金を放棄する旨」の条項が入っている場合がありますので、安易に応じないことが肝要です。

引直計算以外にもご不明な点がありましたら、ちょっとした相談でも結構ですので、ぜひ当事務所へご相談ください。

任意整理の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!