後見と自己破産

こんにちは、スタッフの鈴木です。

本日は、はっきりしない天気で蒸し暑く体温調節が難しそうです。

さて、成年後見と自己破産の関係についてですが、原則として、被後見人(見守られる者)が、借金や生活困窮による診療費等滞納により支払不能である場合、成年後見人(見守る者)が被後見人本人に代わって、裁判所へ自己破産の申立てを行うことができます。

ただ、自己破産の手続きは、かなりの専門的知識を要するもので、申立て後に、裁判所から審査の中で、過去に遡って被後見人本人の様々な説明やそれを裏付ける資料の提出が求められますので、注意が必要です。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、債務整理・過払金に関する相談は何度でも無料です。

 

自己破産の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!