まずは、取引履歴を開示請求

 おはようございます、スタッフの鈴木です。 今週は、雨が降ったり晴れたり、交互にやってくる妙な一週間になりそうです。 さて、長い間借り入れと返済をしてきた方の中には、最近になって、給与が減ったり、病気等で仕事を休みがちになり収入が減ったりして支払いが厳しくなるケースがあります。 そんなとき、借入先に連絡をして、毎月の支払い額の減額をお願いすることと思います。そこで、返済計画の変更(毎月の返済額・利率)や債務残高を減額してもらえることがあり、思わず「助かった」もしくは「助けられた」と思うかもしれません。 しかし、それほど簡単に借入先が、減額や利率引下げに応じるのには、訳がある場合があります。つまり、借入先の方で、すでに引直計算をして過払いであることが判明しているにもかかわらず、支払いをあえて継続させるため、また仮に今後過払いであることをを本人が認識して請求をかけてきた場合に備え、これ以上過払いを増やさないようにするためという意図が隠されているのです。 しかも、そいった返済計画の変更等を行う場合、あらためて書面を取り交わすことになり、その書面の中には、「過払い金を放棄させる」旨の条項が入っていることがほとんどです。 ですから、安易に減額や返済計画の変更に合意するのではなく、「まずは、取引履歴を開示請求」を行うことが肝要なのです。単に自己の情報を開示請求するだけですので、そのことで借入先との関係性がいきなり悪くなることはありませんし、一括請求される等の不利な条件を突きつけられることもありませんので、ぜひ試してみてください。 ¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、相談は無料です。

過払い金の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!