アイフルの対応②債務不存在確認請求訴訟

みなさんこんにちは、所長の近藤です。 さて、簡裁への訴訟提起後のアイフルの対応ですが、 調停が(予定通り?)不成立に終わると、 今度は地裁へ「債務不存在確認請求訴訟」を提起してきます。 理由としては、アイフルが争点とする「期限の利益喪失」について、 複雑な争点であり、簡裁の審理になじまないということです。 実際、この争点については簡裁でも多くの判決が出されており、 複雑な争点とは断言できないでしょう。 アイフルの本当の狙いは、司法書士の代理権外である地裁に提訴 ⇒ 本人出廷しなくてはならない OR 弁護士を新たに選任しなくてはならない=お金がかかる ⇒ 本人にあきらめさせる  以上のようなことです。 やはり、「ただの嫌がらせ」としか言いようがないですね。 ¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤ 豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、相談は無料です。

過払い金の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!