返済額の減額交渉の注意点

 おはようございます、スタッフの鈴木です。

 本日は、路肩の雪も減り、交通機関がある程度回復しているようですが、昨日の雪で、物流が滞っていたことで、トラックの交通量が普段に比べ多いようです。

運転には十分に注意してください。

さて、現在も消費者金融や信販会社へ返済を継続している方への注意喚起ですが、もし、返済が厳しくなって相手方と減額交渉を行う際は、その時点で過払いになっているかを必ず確認してから減額交渉を行うようにしてください。

相手方は、仮にその時点で過払いになっていたとしても、そのことを契約者に告げず、あたかも債務を大幅に減らしたと見せかけ、書面を取り交わすことを求めてきます。

一度、書面を取り交わすと、相手方はその書面をもって「本人は過払い金を放棄した」と主張してきますので、そのような主張材料を作らせないようにすることが非常に重要です。

取引明細書(取引履歴)は、本人が請求すればいつでも相手方は開示しますので、減額交渉を行う際は、ぜひ一度取寄せて計算し直してみることをお奨めいたします。

¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤¤  豊田市・岡崎市・西三河地域で、借金の返済にお悩みの方、ぜひ一度、当事務所までご相談ください。 当事務所では、過払い金請求、自己破産、個人再生のほか、過払い金の計算だけでも承りますので、お気軽にご相談ください。なお、相談は無料です。

 

 

 

過払い金の一覧

  •  

    債務整理無料相談受付中!相談受付0120-303-067携帯電話の方はこちら 0565-41-6434受付時間:平日 9:00 -19:00 土日も対応可(要予約)出張相談も承ります!